リフォームをするにあたって必要となるのがリフォームローンの頭金です

リフォームをするにあたって必要となるのがリフォームローンの頭金です。

その料金は工事業者によって異なります。

着工前に頭金が必要となる業者もいれば工事が完了次第一括払いでお支払いくださいという業者もいます。

金額も業者によってかなり違いますので複数の業者からあいみつを撮ったほうがいいです。

通常、頭金に必要な金額はだいたい工事費用の10%から20%が一般的なのですが、契約前に資材費を請求してくる業者もいます。

後で費用の追加請求などをされないためには事前に契約内容を確認することが重要です。

絶対に契約締結前に頭金などを請求する業者は選んではいけません。

ARUHI(アルヒ)のリフォームローンについてご説明します。

アルヒのリフォームローンは申込資格には、満20歳以上65歳未満と規定されています。

融資額は50万円以上1 000万円以内と高額融資を受けることも可能で、返済回数は1年から35年なので住宅ローンのように長期で返済することも可能です。

そのため契約には連帯保証人が必要になり融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、団信保険付プランを任意で付けることもできます。

貸付利率の適用基準は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利はみずほ銀行における長期プライムレートとなります)を3か月後の口座振替から適用されます。

諸費用・リフォームローン及びフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、各プランごとに基準金利と事務手数料が設定されています。

リフォームローンで受けることができる控除には所得税の控除があります。

控除の申告をするとその年の所得税から限度額はありますが工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件付きになっています。

三世代同居、省エネまたは耐震工事は25万円、バリアフリー工事は20万円と決められています。

共用する控除の要件には自分が所有して住まうことや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。

リフォームローンの口コミでの注意点として、口コミ評価が高い金融業者が一概に良いとは限りません。

低金利なローンには借りたいという人が集中しますので審査が厳しいと言われてます。

その結果、多くの人が審査に落とされてしまいその腹いせとして悪い口コミを書き込むということは多くあるのです。

ですので、口コミに踊らされてしまうと自分の条件に合った商品を見落とすかもしれないのです。

特に金融関係の口コミの場合、口コミの件数だけではなくどのような理由でその評価を付けたのかという理由をきちんと分析しなければいけません。

楽天にもリフォームローンあるのですが、楽天のリフォームローンにはフラット35(リフォーム一体型)というものがあります。

リフォーム工事資金と住宅購入資金とを合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

2016年10月からは新商品であるフラット35リノベが販売開始しています。

【フラット35(リフォーム一体型)】と何が違うかというと金利の引き下げが受けられることです。

気を付けなければいけないこととして、工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sとの併用は不可などがあげられます。

リフォームローンの金利ですが金融機関ごとに異なります。

1%台からの低金利なところもありますが、高い金利は15%に近い金融機関もあります。

金利体系については2種類あり変動と固定という2つの金利体系があります。

変動金利のメリットとして金利が低いというのがありますが、景気の変動に連動して金利が高くなるリスクがあります。

一方、固定金利は完済まで金利は変わらない安心感はありますが、そもそもの金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても高金利のまま返済をし続けるというリスクもあります。

残念なことにリフォームローンに落ちた人はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。

審査に通らなかった要因は借入希望金額が高すぎたのかもしれません。

勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった諸問題が影響したのかもしれません。

仮にマイカーローンの返済中であったり、キャッシングしている額が多いといったカードローンの利用状況も融資には重要な要因となります。

まずは残債をなくすことがリフォームローンの審査に受かる近道と言えるでしょう。

リフォームローン金利比較を行う際は比較サイトを利用すると効率が良いです。

複数の金融機関が掲載されている比較サイトなら限度額や借入れ条件といった気になる情報が一目瞭然です。

金利や審査時間など条件にごとに並び替えができますよ。

サイトによってはバナーが貼ってありますので検索する必要がありません。

最近はネット銀行が増えてきたので来店せずとも自宅に居ながら利用できるローンが増えています。

リフォームローンを組むことになった場合。

いくら借りられるかというのは、工事をする上で最も大切なことと言えます。

ですが、住宅ローンと比較した場合借入限度額はわずか1/10程度となっています。

借入れ可能な最大金額は500万円から1000万円という商品が多いです。

リフォームローンの金利というのは2%から5%と高く、返済期間は最長10年から15年と期間が短いため、借入金額が多いと返済額が莫大に膨れ上がってしまいます。

支払に破綻のない返済額を事前にシミュレーションしておかないと大変なことになるかもしれません。

口コミなどの評価が高いおすすめのリフォームローンを探すには 口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

けれども、住宅事情は人それぞれ違いますからひとえにインターネットの情報だけに頼るのはいけません。

まず、現在の住宅で不満な点を家族で洗い出してリフォームに必要な金額を算出してから条件にピッタリのリフォームローンを見つけましょう。

リフォーム費用が高額になりそうであれば有担保型ローンが低金利でおすすめですが、少額で済みそうであれば小回りが利く無担保型ローンがおすすめです。

中古住宅の購入と同時にリフォームを行いたいと考えている人は一体型のリフォームローンを利用することで、金利を抑えることが可能です。

最近話題のアプラスのリフォームローンはTポイントを貯めることができます。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、返済回数は最長で84回(7年)、融資可能額は10万円以上300万円以内という大変ライトなローンになっています。

次に金利についてなのですが、アプラスの金利は短期融資となるので、7.20%から14.40%と高めの設定になっています。

家に居ながら申し込みが可能なことや保証人や担保が要りませんので小規模なリフォームには最適です。

シミュレーションも詳細な条件を設定できますので、興味のある方は、HPをご覧になってみてください。

リフォームローンのシミュレーションがあることを知っていましたか?シミュレーションは金融業者のHP上に設置されています。

検索窓に「リフォーム」「シミュレーション」と言った文言を入力すると該当するサイトがヒットするので表示されたサイトにアクセスします。

借入希望額、返済期間などを入力すると月々の返済額などが一瞬で計算されます。

個人情報の登録をせず試算することができますので安心して利用することができます。

返済額の計算は素人では難しいのでリフォームローンに興味がある方は積極的にご利用ください。

手軽に申請できると評判のオリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンは365日年中無休、仮受付してくれるWebリフォームローン仮受付が便利です。

来店する手間がなくパソコンから申し込み可能で審査も最短2日という速さで結果が郵送されてきます。

オリコのリフォームローンは固定金利なのですが、保証人、担保、保証料などが一切不要なのが特徴的です。

使途には改修工事やリフォームに限らず太陽光発電システム設置工事などにも利用できます。

申し込み時の注意点として、Webの仮受付の申し込みの際にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、販売店コードまたはIDを入力しなければいけませんのでご留意ください。

リフォームローンの一体型とはどのようなローンなのか知っていますか?要は、住宅ローンとセットなっているローンのことです。

中古物件を購入してリフォームを予定している場合一体型ローンでローンを組まれることをおすすめします。

リフォームローンは住宅ローンと比べて高金利なので一元化することでリフォームの費用も低金利で借りられるのです。

但し、注意点もあります。

それは、事前審査においてリフォームの見積書が必要になる可能性があるほか、リフォーム工事の契約書が必要になる場合があります。

従って、中古の物件を探すことと並行してリフォーム業者を選んで、見積もりを取ってもらうといった作業も必要になります。

低金利でリフォームローンを借りる方法は担保型のローンを選ぶことです。

リフォームローンには担保形と無担保型があり借入期間や額、金利相場等に相違点があります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年となっており、借入れ可能な上限金額は500万円から1000万円となっていますが、担保型の場合、期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と高額なローンを組むことが可能になります。

金利に関しては長期借入する方が低金利になりますので無担保型の約2から5%という金利に対して、担保型は約1から2%といった低い金利となります。

そのうえ、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利とでは変動金利の方が低金利となります。